カテゴリ:草莽崛起の集ひ( 6 )

2013年 09月 07日
九月五日 第一千廿囘 時局對策協議會定例會及び懇親會出席 於港區新橋「ニユー新橋ビル」
a0165993_2319559.jpg

a0165993_2320973.jpg


                                                        參加:河原、村松、同血新聞社・村上
[PR]

by douketusya | 2013-09-07 23:21 | 草莽崛起の集ひ
2011年 03月 06日
★「草莽崛起の集い」叢書 第六輯の御知らせ 
a0165993_0531030.jpg





第十八囘「草莽崛起の集い」 藤本隆之先生講演録の内容

講師近影
講師紹介
講演會風景

講演録 演題南京裁判の總括と今後の戰ひ

展転社刊行書籍案内
特別寄稿
  ○「擴大する戰線と我等」 金友隆幸
  ○草莽崛起の集ひに參加して」 坂田昌己
  ○「草莽崛起の集ひ」 水谷浩樹
あとがき 河原博史

a0165993_0533034.jpg
















 四十頁 一部五百圓(送料別途八十圓)

 御申し込みは下記電子郵便で御願ひ致します。 
 douketusha@ever.ocn.ne.jp
[PR]

by douketusya | 2011-03-06 00:52 | 草莽崛起の集ひ
2011年 02月 14日
二月十三日 第廿一囘 「草莽崛起の集い」 於横濱市「かながわ県民センター」
第廿一囘「草莽崛起の集い」

講師 : 川畑賢一先生
演題 : 「戰後の教育現場」
副題 : 日教組とその實態

a0165993_14181869.jpg

a0165993_14183096.jpg

a0165993_14184398.jpg

[PR]

by douketusya | 2011-02-14 14:20 | 草莽崛起の集ひ
2011年 01月 20日
第廿一囘「草莽崛起の集い」の御案内
第廿一囘「草莽崛起の集い」の御案内


 今囘は『戰後の教育現場』と題して、川畑賢一先生に御講演を御願ひ致しました。
 御承知の通り、赤色教師集團は「教へ子を再び戰場に送るな」を標語に、國家の覆滅、國體の破壞、歴史の斷絶をもくろみ、戰後の教育現場を荒廢させた元兇であり、我々にとつて掃滅すべき國賊集團の一つであります。
 川畑先生は、昭和廿五年一月、鹿兒島縣に生まれ、都留文科大學卒。鹿兒島縣の中學校教諭を經て、昭和四十九年から船橋市内の中・高校で教鞭を執り、坪井小學校々長を最後に定年退職。
 先生は教諭時代、擔任教室の中央に國旗と國歌の額を掲げて教鞭を執り、船橋共産黨市議團から「右翼反動教師」と罵詈雜言を浴びせられた經緯があり、亦た、日教組を批判して教職員組織を結成する一方、正假名遣ひの復元運動にも盡力されて來られました。
 皆樣に於かれましては、時節柄、御多忙の事と存じますが、戰後の教育現場を識る上で、是非共御參加下さいますやう御案内申上げます。 



         記
● 講   師 : 川畑賢一先生(元教諭、學校長)
● 演   題 : 「戰後の教育現場」
● 副   題 : 日教組とその實態
● 日   時 : 平成廿三年 二月十三日 (日曜日)
          開場十八時 卅分、開演十九時~
● 會   場 : 神奈川縣民センター 四〇二會議室
● 住   所 : 神奈川縣横濱市神奈川區鶴屋町二の廿四の二
● 電   話 : 〇三の五四〇二の三六六五番 (同血社本部)
● 會場整理費 : 二千圓

● 懇親會時間 : 廿一時 卅分 ~
     會費 : 三千圓 (懇親會の參加を希望される方は當日受付でその旨御傳へ下さい)


御問ひ合はせは下記電子郵便で御願ひ致します。 
 douketusha@ever.ocn.ne.jp
[PR]

by douketusya | 2011-01-20 04:41 | 草莽崛起の集ひ
2010年 07月 20日
七月廿日 第廿囘 草莽崛起の集ひ
七月廿日 第廿囘「草莽崛起の集ひ」  於神奈川縣民センター

講師:中川豐先生(日本文化史研究家)
演題:「現代假名遣ひ」を斬る


a0165993_23295582.jpg

a0165993_23301041.jpg

[PR]

by douketusya | 2010-07-20 23:30 | 草莽崛起の集ひ
2010年 06月 09日
第廿囘「草莽崛起の集ひ」の御案内

 來たる七月十七日、

 中川豐先生

 を御迎へし、御高話を賜はることゝ相成りました。
 中川先生は、國語は固より國學の研究に御專心なされ、目下、不二歌道會々員として御活躍なされてをります。

 戰後改惡せられた我が言擧げ、殊に國語表記の亂脈は甚しく、此度は中川先生に占領假名遣ひの罪過を御指摘いたゞくと共に、日本人としてまこと正しき言葉遣ひを御教導賜はり度く存じます。

 北畠親房大人の曰く、『國の亂れる初めは言葉の紊れにあり』(神皇正統記)と。混迷著しくある當今。我々日本人は、改めて北畠大人の訓誡を肝心に銘ずる可きでありませう。
皆々樣に於かれましては時節柄御繁忙のことゝ恐察致しますが、是非とも御誘ひ併せの上御參加下さいますやう伏して御願ひ申上げます。

    記

● 講   師 : 中川豐先生(日本文化史研究家)
● 演   題 : 「現代假名遣ひ」を斬る
● 日   時 : 平成廿二年 七月十七日 (土曜日)
          十八時 卅分 開場
          十九時 開演
● 會   場 : 神奈川縣民センター四〇二會議室
● 住   所 : 神奈川縣横濱市神奈川區鶴屋町二の廿四の二
● 電   話 : 〇四五(三一二)一一二一番
● 會場整理費 : 二千圓

● 懇親會時間 : 廿一時 三十分 ~
  會    費 : 四千圓 (懇親會の參加を希望される方は當日受付でその旨御傳へ下さい)                                                                                    
● 事  務  局 : 〇三(五四〇二)三六六五
[PR]

by douketusya | 2010-06-09 23:57 | 草莽崛起の集ひ