2010年 12月 12日
◎十二月廿三日 天長節奉祝日乃丸大行進の御案内
天長節奉祝日乃丸大行進の御案内


 來たる十二月廿三日は、
天皇陛下御生誕の日であります。天長節は街頭や家々に國旗日乃丸を掲げては億兆心を一に祝福す可き日です。毎年この日を前後して民は基督の生誕に心踊らせ街は虚飾に彩られます。しかし伴天連のもの眞似に急いではみるものゝ、天長節を祝福せず皇恩を忘れ、千代八千代の彌榮を祈願し奉ることなくして、どうして日本人たるの誇りと面目が保たれませうか。基督生誕を祝ふ以前に、
今上陛下
の御生誕を國民擧げて祝福いたすことが本來正しき日本及び日本人の姿でありませう。
 因つて我々はこの佳き日をお祝ひし、併せて天長節呼稱復活運動を天下に廣める可く左記要領にて本大會を開催する運びとなりました。
 時節柄御繁忙のことゝ存じますが、諸先生・諸先輩、同志諸兄に於かれましては何卒御誘ひ併せの上、御參加下さいますやう伏して御願ひ申し上げます。                  
             記
 日 時 平成廿二年 十二月廿三日(木曜日)雨天決行
         第一部  十七時~ 集會
         第二部  十八時~ 日乃丸大行進
 場 所 大通り公園中央 (神奈川縣横濱市中區弥生町三の卅五)
※ 日章旗・旭日旗・幟・提燈等歡迎致します。
※ 服裝自由、隊服着用可、會旗・隊旗掲揚歡迎致します。
※ 駐車場の用意は御座いませんので、交通機關を利用して御越し頂ければ幸ひです。

主催 神奈川縣維新協議會
[PR]

# by douketusya | 2010-12-12 11:43 | お知らせ
2010年 12月 11日
◎十二月廿三日 巣鴨刑務所處刑跡 追悼式の御案内  
巣鴨刑務所處刑跡 追悼式の御案内


 不法極まる東京裁判に於て絞首刑となられた東條英機大將等七士と大東亞戰爭の城七ヵ國と戰犯の誣告罪に強ひられ不當に處刑せられた殉國烈士の靈を慰める追悼式を元巣鴨刑務所の刑場跡で擧行致します。
 皆樣御多忙と思ひますが、萬障御繰り合はせの上、御出席御願ひ申し上げます。


日   時  十二月廿三日(木)
場   所  サンシヤイン東池袋中央公園(同公園交番裏)
集合時間  午後一時
式典開始  關係者集合次第執り行ひます
世 話 人  鹿嶋政晴  三澤浩一  丸川仁  福田邦宏  河原博史  秋山一成  内藤芳弘  上條進一
[PR]

# by douketusya | 2010-12-11 11:20 | お知らせ
2010年 12月 08日
十二・八 大東亞聖戰開戰記念 神奈川縣大會 於横濱市内
寒風寒波にあつて有志は、此の日の意義を訴へ啓蒙運動に努めた。
a0165993_431391.jpg

a0165993_4312692.jpg
a0165993_431374.jpg


參加人數:百卅名

參加團體:愛心翼賛会、愛倭塾、霞志書宝、神奈川縣維新協議會、義信塾、皇國同志会、皇憂楠心塾、皇嵐社、国風塾、國憂館、山陰皇道社、時局対策協議会、新風神奈川県本部、政秀義塾、盛道烈士會、青年意志同盟青水塾、全国公害対策事業推進連盟、大地社、大行社・相模支部、同・横浜支部、大悲会、大日本儀心會、大日本勝魂社、統一戦線義勇軍、同血社、同・神奈川縣連合、同・泰道社、同・大日本正議党、同・同血新聞社、東方青年連盟、日本再建の会、日本誠龍社、同・日本皇論社、日本赤心社、日本のこゑ社、平岡道場、福祉政策研究会、防共新聞社、同・埼玉県支局、同・日本橋支局、同・遊説隊、瑞穂塾、南方熊楠研究会、憂国清心同友会、義徳塾、和心塾
(平成廿二年十二月八日現在 確認)
[PR]

# by douketusya | 2010-12-08 23:32 | 報告
2010年 11月 26日
十一月廿四日 「野分祭」參列 於花園神社
弊社泰道社は、三島由紀夫・森田必勝追悼四十年祭「野分祭」に參加。
a0165993_4203611.jpg

[PR]

# by douketusya | 2010-11-26 01:20 | 報告
2010年 11月 20日
十二・八 大東亞聖戰開戰記念 神奈川縣大會 御案内  

謹啓 向寒の候 諸先生、諸先輩に於かれましては益々御活躍のことゝ存じます。
扨而、戰後六十五年も愈々過ぎ去らんとしてをります。本年を總括すれば、「東亞細亞共同體構想」に憑依された民主黨政權の失策が相次ぎ、過日の支那不審船衝突事件を申す迄も無く、自虐崇外と云はんよりは自滅賣國の顯著たる一年でありました。その惡影響の至大、結果の危險は、一貫して民主黨政權の危惧を訴へた我らの豫期に倍し、後世に禍根を殘すに等しくあります。
然し乍ら今般の我が迷妄は、ひとり民主黨政權による責任に非ず、成る可くして成つた結果であると、我々日本人は眞摯に猛省すべきでありませう。
四十年前の昭和四十五年十一月廿五日、三島由紀夫氏、その檄文にて曰く、『戰後の日本が、經濟的繁榮にうつゝを拔かし國の大本を忘れ、國民精神を失ひ、本を正さずして末に走り、その場しのぎと僞善に陷り、自ら魂の空白状態に落ち込んでゆくのを見た』と。
かくなる事態を招來した一大事として、敗戰の擧げられることは爭ひ難き事實でありますが、GHQ撤退以降もこれを放置し、益々深刻なる状態を招きたる元兇は、ひとへに國民全員と云はぬまでも大半が戰後史觀に犯されてゐるゆゑと存じます。
民主黨政權の暴走は、日本再生の意識を國民に提供しましたが、憲法・領土・教育等、凡ゆる問題は今一つ改善をみるに至りません。それ即ち未だ戰後史觀の土壤にあるが爲めと存じます。よつて戰後史觀を拂拭する爲めに、我らは再び開戰の大義を江湖に訴へる可く、左記要領にて本大會を開催する運びと相成りました。
諸先生諸先輩、同志道友の皆様に於かれましては御多忙のことゝ存じますが、御誘ひ併せの上、御參加願ひますやう御案内申上げる次第で御座います。敬具

〈 日 時 〉平成廿二年 十二月八日(水曜日) 雨天決行
□ 第一部・集 會(十七時より)横濱大通り公園(横濱市中區萬代町一)
□ 第二部・徒歩行進(十八時より)集合地點・解散地點同じ
※日章旗・旭日旗・會旗・隊旗・大會の主旨に沿つた幟、プラカード、ハンドマイク等歡迎致します。
※原則として服裝は自由ですが、華美なるものや行進に適さない服裝は御遠慮下さい。
※駐車場の用意は御座いませんので、交通機關を御利用して戴ければ幸ひです。
※一般の方、亦は御家族・隣人の方々も御誘ひ併せの上、御參加下さいませば幸甚です。
〈呼び掛け〉神奈川有志の會 (呼び掛け人代表・伊藤滿:〇九〇‐八九四二‐二七五一)
菊水國防連合・義信塾・皇憂楠心塾・国風塾・盛道烈士會・大行社時対委員会・大日本勝魂社・大悲會・同血社・日本誠龍社・瑞穗塾・憂国清心同友会(五十音順)
[PR]

# by douketusya | 2010-11-20 20:54